スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
今里@防府市新田
 今やラーメン激戦区、防府市に昨年オープンし、すでにネットでも大評判のお店。
 写真を見るからにおいしそうな醤油ラーメンを求めていってみました。
20130311_112058.jpg

 メニューは醤油味の中華そばをベースに、アレンジを加えた「元祖」「辛口」などあります。

 注文はトップメニューの

 元祖 600円

20130311_112321.jpg

 見るからにうまし!!

 ちょっと昔の「侍@山口市」を彷彿とさせるビジュアル!おおきな一枚もののチャーシューが目を引きます。

 「元祖」は「あっさり」に背油がプラスされた感じかな?

 スープを一口!うまい!!

 甘みの強い鶏ガラベースのスープは、輪郭のはっきりした滋味深い、しかいわかりやすい旨さ!
 出汁のうまみと、背油、醤油の甘さなどが相まって、まさに絶品スープ!これは山口県内トップクラス、いや全国でも屈指のレベルに違いありません!!
 後味も化調感などは全く残らず、すがすがしいまでの風味のみが脳裏によみがえります!!

 麺も自家製の細縮れ細麺で適度に堅いのに、スープの持ち上げも抜群です!

 20130311_112346.jpg

 大判のチャーシューも柔らかすぎず硬すぎず、絶妙な塩梅!
 アクセントの三つ葉もいい仕事をしています!!

 決してホームランバッターではないかもしれないけれど、これは本当に走攻守三拍子そろった、まさにイチロウばりの激うまラーメンです!!




防府市字新田604-6
今里

 
スポンサーサイト
[2013/03/14 20:14] | 防府市ラーメン | トラックバック(0) | コメント(5) | page top
らーめん匠屋@下関市大字勝谷
 長安線沿いの長府と新下関の境の垰?あたり。
 以前は味の蔵ラーメンがあったところに、一昨年オープンされました。
20130116_115826.jpg

 オープン当初にもお伺いしていましたが、正直「まだまだ?」って印象もありましたので、UPしておりませんでした。

 ところがいくつかのブログで「劇的進化!」的な記事をお見受けしましたので、早速再訪!!

 20130116_114041.jpg

 メニュー自体も当初とはずいぶん変わっているようですね。

 注文は

 とんこつラーメン 550円 プラスチャーハンセット 250円

20130116_114240.jpg
20130116_114259.jpg

 スープはかなり濃厚な感じにシフトチェンジ!濃度が上がっています!それに塩分もかなり強めに効いた一口ではっきり「うまい!」とわかりやすい味構成に変化されています。
 スープはどちらかといえば久留米系、山口県の豚骨ラーメンぽくない感じに仕上がっています。

 麺は普通麺と細麺と選べますが、細麺をチョイス。
 細麺は低加水の麺で、固めん指定にするとザクザクした、ますます九州ぽい雰囲気を感じられました。

 食べ進めると、やっぱり塩分が濃い目なので、ついつい替え玉にも手が出てしまいます(笑)。もしかして替え玉前提の味付けを目指しておられるのかな?

 お次はセットのチャーハン。
20130116_114437.jpg

 こちらはシンプルな味付けで、しっとりしたタイプ。
 玉ねぎがけっこう水分を残した状態でたっぷり入っているのでますますそう感じるのかも。
 家庭的な雰囲気のチャーハンですね。


 オープンしてから確実に味は進化しており、かなりハイレベルなラーメンをいただけ、満足してお店を後にしました!!!




下関市大字勝谷218-6
らーめん匠屋

 
 

[2013/02/14 07:26] | 下関市ラーメン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
喫茶Live(ライブ)@下関市菊川町下岡枝
 最初このお店に行ったときには、ほんとびっくりしましたねえー。
 20130202_133906.jpg

 田園地帯、菊川町というのどかなところにある文化会館「アブニール」の建物内の小さな喫茶スペース。
 喫茶と名乗っておられますが、まさにお店の雰囲気は、失礼ながらよくある公共文化施設の併設喫茶店まんま。(笑)

 しかーし、こちらのメニューは、並の喫茶店じゃなく、まさにラーメン屋さん!!
20130202_131346.jpg

 ベースは豚骨ラーメンで、それに各種アレンジを加えたラーメンを提供してらっしゃる。
 ラーメンはどれを食べても、場所に似合わず(失礼)、どこか都会的な垢ぬけたテイストのラーメンです。
 関係は不明ですが、ラーメンは、なんとなく和歌山ラーメンチェーンの「ば●馬らーめん」に似ている印象を受けます。

 なかでも私が気に入っているのが、この
  つけ麺大盛り 900円

見て!!見て!!!このボリューム!!!!
20130202_132237.jpg

 どんぶりからはみ出んばかりの太麺の山!山!山!!
20130202_132242.jpg


 この太麺は、京都の製麺所から取り寄せているそうで、ちょっとこの辺ではお目にかかれないような艶々して、歯ごたえのある、まさにつけ麺のための麺!!ってかんじです。

 また自家製チャーシューも適度の堅さがある柔らか肉厚チャーシュー!!

 そしてつけだれ。
20130202_132246.jpg

 これも数年前からブームになった、関東風の濃厚魚貝豚骨系のやや粘度のある濃厚なもので、関東風のつけ麺のつけだれとしてはよくあるテイストですが、なかなか山口県、それも菊川町付近ではお目にかかれないウマウマのものだから、環境とのギャップにびっくりしちゃいます。

 ただひとつ大盛りの難点として、麺が冷たく量が多いため、最初はアツアツのつけだれが、終盤はひやひやになってしまうことかな。
 言えばあっためてもらえるのかもしれませんが、なかなか頼み辛いっす!!


 とにかくこんなところで、こんなハイレベルなラーメンが!!!とびっくりできるラーメン屋さん、いや喫茶店(笑)!是非お試しを!!




下関市菊川町下岡枝117
喫茶Live(ライブ)
 
 
[2013/02/09 06:53] | 下関市ラーメン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ラーメン六助@山陽小野田市中央
 詳しいことはよく知りませんが、マイふぇーばりっと宇部ラーメンである小野田「三平」のお身内筋のお店のようです。
20130206_120339.jpg

 だから基本的にラーメンのメニュー構成から、味から、その作り方まで非常によく似ています。

 注文は

 ラーメン 600円

20130206_115905.jpg

 でも違うのは、こってりコテコテド豚骨の小野田「三平」にくらべて、きわめてスープはすっきりあっさりしています。
 三平は透明度ゼロスープですが、こちらは豚骨スープに透明感さえ感じるくらいです。
 でももちろんしっかり豚骨のうまみは絞り出された極ウマスープ!!

 それと何が好きって、三平もここ六助も、わたし、ここの細裂きのメンマが大好き!!
 歯ごたえ味ともに、この豚骨ラーメンにベストマッチ、いいアクセントになってます!!

 営業時間はお昼の2時間半だけという、非常に訪問難易度の高いお店ですが、ご高齢の大将、女将さんともども、いつまでもこの味をご提供くださることを切に願うばかりです!!




山陽小野田市中央3-5-18
ラーメン六助
 
[2013/02/06 16:19] | 山陽小野田市ラーメン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
博多長浜ラーメン風靡 イオン八幡東店@北九州市八幡東区東田
 久ーしぶりにスペースワールドんとこの、八幡イオンモールに行ってみると異変が・・・。
 結構好きで、このブログでも昨年4月にupしたかしわうどんの東八が撤退、そしてその隣に燦然とネオン輝く博多長浜ラーメンの文字が!!

2013010419320000.jpg

 正直、「風靡」さんて知らなかったものですから、すぐにモバイルチェック!!

 するとどうやら福岡市内に本店のある本格豚骨ラーメン店さんらしいことが判明。もはやこれは突入せざるを得ないでしょう!!

 メニュー構成は、ラーメン600円他、トッピングに変化をくわえたもの、やきめし、餃子の類などのシンプルなメニュー構成で、やきめしなどのセットメニューも多数、ショッピングモール価格で本店などよりちょっと高めの値段設定ですが、それでもこれなら十分好感が持てます!!

 やきめしもおいしそうなので、やきめし定食(やきめしとラーメンのセット)880円をチョイス。
 
 半やきめしとのセット780円もあったけれど、たった100円の差なので迷わずこちら!!(だってやきめし単品650円、半やきめし350円で、300円の差があるものが、セットなら、たったの100円差なんですよっ!!)

 ほとんど待つこともなく、まずはラーメンからの登場です!!

 2013010419080000.jpg
 
 運ばれてきた時点で、ぷーんとイイ意味で臭い豚骨臭!!これこれ!!これっすよ!!!
 とてもショッピングモール内で味わえる豚骨臭ではないっす!!(笑)

 トッピングの具材は新鮮そうなネギとチャーシューのみ!!

 スープは一見してクリーミーな白濁テイスト、そしてこの匂い、かなり濃厚なスープを想像しちゃいまっす!! そこでレンゲでスープを一口啜ろうとしたその瞬間、なんとこのスープ表面の白濁はいわゆる乳化した脂分がエスプレッソ状になったもので、その下には比較的醤油っぽいこげ茶色の強い粘度の低めのスープがかくれんぼしていることが明らかとなったのです!!おっと意外な展開!!

 負けじとスープを一口!!ややっ!!これはやっぱりショッピングモールで味わえる範疇の豚骨スープとは思えない豚骨のイイ意味での臭みと出汁の効いた、結構塩分強めな、まいうースープじゃないですかあっっ!!!!うまい!!

 じゃあ麺は?と箸ですくい上げてみると、これまたやや中細の低加水麺、まさに九州の豚骨麺です!
 堅さのオーダーは「カタ」で通していますが、もっさもさ感を適度に残した食感に茹であがっております!
 そしてこの麺を口元に運ぶと、「僕はエッジの効いたやや四角いカットの麺だよ!!」と麺が自分の形を自己主張するかのような、ややエッジの効いた麺なのです。

2013010419080001.jpg

 ではチャーシューはというと、これは意外にもちょっと福岡の豚骨ラーメンでは少数派の豚ロース肉のしっとりチャーシューで、これまた食べやすいのなんの。これならチャーシュー麺もたまりませんな!

2013010419090000.jpg

 付け合わせには、唐辛子のたっぷり効いた辛子高菜やゴマなども用意されています。

2013010419150000.jpg

 この辛子高菜、確かに辛いんですが、個性的な風味が弱めなので、ラーメンに入れてもそこまでスープの味を変えないので、たくさん入れても大丈夫です!!



 そしてすぐにやきめしも登場!!
2013010419110000.jpg

 これも店員さんが一生懸命鉄鍋をガッコ!ガッコ!と音をさせながら作ってくれたもの!!
 具材はネギと卵と極わずかのチャーシュー片だけを醤油たれで味付けた、きわめてシンプルな構成ながら、脂分を少なめにしたぱらっぱらの仕上がりで、まさにチャーハンじゃなく、やきめしという名前がピンとくる非常に良い出来栄え!!
 味が強めなラーメンの邪魔をしない薄味なのと脂分が少ないのが、こってり豚骨との相性がなんとも良い!!
 そして何より、その量!!通常サイズなので当然といえば当然ですが、このやきめしだけで腹いっぱいになるレベルです!


 これは近くにあればハードリピート店に確実に名乗りをあげちゃいますね!!






北九州市八幡東区東田3-2-102 イオンモール八幡東 1F
博多長浜ラーメン風靡 イオン八幡東店 
[2013/01/06 16:19] | 北九州市ラーメン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。